金利や手数料

ローンの金利★年利の意味がわからない(計算の仕方)

カードローンを組むとなると、切っても切り離せないものが金利。
利息とか利子だとか年利などなど、似たような言葉をいくつも耳にしますが、皆様はそれぞれの違いがわかりますか?

あまりよくわかっていないけどとりあえず毎月借りた金額+金利を支払っている、という場合は、もしかしたらあまりよく理解していないが為に多く余分に払いすぎていた!ということにもなりかねます。

じゃあ利息って何?利子と年利って何が違うの?
詳しくみてみましょう。

キャッシングをする際必ず誰もが気にするのが「金利」です。

金利は「パーセンテージ」で表示され、各キャッシング・カードローン会社のウェブサイトや広告などにも明記されているもので、簡単にいうとこの金利というものは「お金を借りることに対する、お金のレンタル料金」のようなもの。

金利が15%と表示されているなら借りた金額の15%が、18%と表示されているのなら借りた金額の18%がレンタル料にあたるので、借入した金額+その金額の15%や18%の金額を上乗せして支払わなければならないということになります。
お金のレンタル料が金利です。

では次に「年利」です。
年利とは、「1年間お金を借りた際に発生してくる利息の割合」というものです。

どういうことかというと、例えば100万円を先ほどの金利15%で借入れた場合の計算式はこうなります。
100万円×15%=150,000円

100万円を15%の金利で借りると、15万円を利息として支払うことになるわけです。

つまり100万円を1年間かけて返済する場合、元金(借りた元の額)に利息の15万円をプラスし、合計で115万返済しなければならないということになるのですね。

おわかりいただけましたでしょうか?
キャッシングをする際、ローンを組む際は必ずこの金利(%)と年利(会社によっては日単位、週単位での計算のところもあります)をきちんと把握・計算し、一番おトクなところから借りるようにしましょう。

ローン金利以外にかかるものはある?返済手数料とは?返済の際のATM手数料

ローンを組んだら金利がかかるということは先ほども説明したとおりお分かりいただけたかと思います。
では、借りたお金を返済する際はこの金利だけ余分に支払えばいいのか?

いいえ、金利とは別に、返済する際に「手数料」というものは余計にかかってきてしまうのです。
いわば返済手数料とは、カードローン会社に振込み返済する場合の振込み手数料のようなものです。

カードローン会社によっては、その会社の指定するネットバンキング同士であれば振込み返済も振込みでの融資も手数料無料というところがたくさんあり、また年中無休24時間いつでも返済、融資に対応してくれる場合があります。
ローン会社の指定しているネットバンキングを使って返済する方法が一番手軽で手数料もかかりませんが、コンビニなどのATMからでも振込みで返済することができます。

が、コンビニATMでの返済の場合返済(振込み)金額によって105円から210円ほどの手数料が1回ごとにかかってきてしまいます。

中には提携ATMからの返済であれば手数料がかからない会社もありますが、このように1回振り込む(返済する)ごとに数百円の返済(振込み)手数料を取られる場合は、返済が長引けば長引くほど、振込み回数が増えれば増えるほど、自分にとっては損になってしまいます。

元金に加え利息までとられ、その上振込み手数料を取られるようでは割りに合いませんよね。
返済の際の手数料が無料になるキャッシング会社もたくさんあるので、利息だけで選ばず返済手数料も考慮してキャッシング会社を選びましょう。

利息がつかない?無利息キャッシング?

中には、利息がつかない無利息キャッシングというのもあります。

これはそのカードローン会社によってサービスに差が出てきており、「初回ご利用時のみ契約日から30日間無利息」や、「初回のみ○万円以下のご契約なら××日間利息無料」などのサービスを実施している金融会社が多々あります。
どちらかというと銀行系よりは消費者金融系のキャッシング会社に見られるサービスかと思います。

中には「○万円以下のご融資であれば○日間以内に返済すれば何度でも無利息」といったサービスをしているところもありますので、自分に一番合うローン会社を選びましょう。

このように、キャッシングをする際、ローンを組む際は借入れする金額(元金)に加え一体いくらの余分なお金を払えばよいのか、返済の際にかかる手数料はいくらか、無利息の期間が少しでも長いほうが助かるな、などと、きちんと計算し計画した上でお金を借りるようにしましょう。

キャッシングやローンも上手に利用すれば、なにも怖いことはありません。
うまくお金を回すことができれば、もしかしたらそこから金融関係に興味が湧き株を購入してみたりやり手のトレーダーになれるかもしれません。