専業主婦がお金を借りる

金融機関キャッシングの特徴

カードローンでキャッシングというと、パッと思い浮かぶのが「借金」というキーワードです。

カードローンでキャッシングをすると一言で言っても、借りる先(金融機関)によって利用限度額や金利に違いがあったり、審査基準の厳しさ、融資を受けられる条件(その人の職業・年齢などの属性)などに差が見られ、自分にあった場所から借りる先を選択することができます。

ざっくりわけてカードローンを取り扱うキャッシング会社の種類には3つあり、
  • 消費者金融系
  • 信販会社系
  • 銀行系
の3つに分かれています。

一昔前だと消費者金融と聞くと取り立てが厳しかったり無茶苦茶高額な金利を取られる、一度借りると利息ばかり支払うことになりなかなか完済できず一生借金地獄になってしまうんじゃないか?などとネガティブなイメージが強かったカードローンの一種ですが、最近では総量規制という規定が消費者金融系カードローン会社に適応されるようになり、収入の3分の1以上の借入れはできないということになりました。

つまり、年収が低い人ほど借入れできる金額は小さい(大きなまとまった金額を借りることはできない)ということですが、逆に言ってしまえば自分の年収、返済能力に見合った範囲内でのみお金を借りることになるので、まじめにきちんと返済していけば借金地獄に脚を踏み入れるという可能性も低くなりました。

また他の信販会社系や銀行系のカードローンよりも審査が甘く、アルバイトやパートでも安定して収入がある人であれば借入れの申し込みが可能で、学生であってもフルタイムのお仕事でない方でも借りやすいといったメリットがありますね。(専業主婦・夫の方は収入がないため借入は不可能です。)

ただ信販会社系、銀行系に比べれば金利は高めですが、申し込みしたその日中に融資を受けられる「即日融資可能」を売りにしている消費者金融系カードローンが多いのが特徴です。

信販会社系のカードローンであれば、その会社の取り扱うクレジットカードを所有していれば金利面や審査面で優遇を受けられたりもします。
そして銀行系のカードローンであれば、配偶者の勤務先、勤務年数、年収などを審査対象に入れることで収入のない専業主婦・専業主夫でも借入れができるところがほとんど。

審査基準は消費者金融ひょり若干厳しくなり、即日融資も条件によっては厳しく、融資まで数日から数週間を有する場合もありますが、金利の低さで言えば消費者金融、信販系、銀行系、この3つの中ではダントツです。

また銀行系であれば総量規制(収入の3分の1までの金額しか借入れることができない規定)の対象外ですので、まとまった金額が必要だという場合は大変便利です。

このように、キャッシング会社には数種類あり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

自分の属性やいくら借入れする必要があるのか、など、審査の通りやすさを優先するのか、それとも借入可能限度額や金利の低さを優先させるのか、用途や目的によって借りる先を選べるというのは大変便利ですしそれぞれの金融機関の特徴を知っておいて損はないと思います。

もし専業主婦・夫で融資を希望するのであれば、銀行系ならば審査に通る可能性が高いため銀行系のキャッシングをオススメします。

おすすめ銀行系キャッシング

銀行系カードローンなら消費者金融や信販会社系より金利も低く、専業主婦(夫)であっても配偶者の属性も合わせて審査してもらうことで借入ができたり(専業主婦・夫の場合は借入可能限度額が他のお勤めの方よりも低い場合がほとんどですが)、借入可能限度額も消費者金融などよりも多くの金額を借りられたりと、たくさんメリットがあります。

では銀行系でキャッシングをする場合、どこがオススメなのでしょうか?

最近では通帳の発行がなくインターネット上で残高を確認したり取引ができるようなネット銀行系も流行ってきています。
オリックス銀行、じぶん銀行、ソニー銀行、楽天銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行など、たくさんありますね。

インターネットで自分で管理する銀行口座のため人件費もかからないため、定期預金などをする際は窓口に人を置いて運営している実店舗型の銀行で預金するよりも金利面が有利であったりもします。

楽天市場で買い物をよくされる方であれば、楽天銀行の口座を作っておくと支払いがスピーディで大変便利ですし、一部消費者金融や一部銀行系カードローンを利用した際、楽天銀行の口座を持っていれば楽天銀行口座に即日、しかも24時間どの時間帯でも振込みをしてくれるといったような便利なサービスがあるところもあります。

また最近ではたいていどの地方都市でもイオンができていますね。
このイオンが運営しているイオン銀行も通帳発行のないタイプの銀行ですが、各店舗にイオン銀行ATMが設置されており、そちらで残高確認も可能ですし、イオンでお買い物をする際いつでもすぐお金が引き出せるのが便利。

ゆうちょ銀行のATMなどでも最近では手数料無料でイオン銀行のお取引が出来たりもするので、旅行先や出張先でも使いやすい特徴があります。

一方で、通帳記入をしてちゃんと目に見える形でアナログ管理していきたいという人には専業主婦(夫)や契約社員など非正規雇用で働く方でも借りやすいと言われている静岡銀行などの地方銀行もオススメです。

一部しか紹介できませんでしたが、銀行系キャッシングといってもそれぞれ様々な違い、特徴があるため、興味のある方は一度ぜひメリット、デメリットについて色々調べてみてくださいね。