お金を借りるときの審査

キャッシングの審査って何をチェックしてるの?

あなたは自分で自分はキャッシングの審査に通りやすいと思いますか?それとも通りにくいと思いますか?

基本的にキャッシングの借入条件は、
安定した収入があること(銀行系であれば専業主婦・夫も収入のある配偶者の年収や属性などから借りられる場合があります)安定した収入があることを証明する書類(源泉徴収票や所得証明書など)の提出と勤務先への在籍確認ができること、などが大前提であげられますが、それでも審査に通りにくい、通らない人たちは何がひっかかって審査をパスできないのでしょうか?

キャッシングの審査でチェックされる項目は、さきほど挙げた3つの点。
安定した収入があるかどうか(消費者金融系カードローンであればほとんどのカードローン会社でパートやアルバイトなどの非正規雇用でも可)、収入を証明できる書類の提出、勤務先への在籍確認の電話(カードローン会社は個人名で電話をかけてきます)です。

またそれに加え、借入の申し込みをした本人の「信用情報」というものをチェックしています。
ではこの信用情報とは何なのかというと、その人のクレジットカードやローンなどの利用履歴のことです。

この人は支払いを毎月滞りなくしているだろうか、遅延などの事故はないだろうか?というところをチェックされています。

これは今現在の他社からの借入状況に加え、過去数年にさかのぼった借入状況、金額、返済履歴などすべてを見られ、またその信用情報は借入をしたカードローン会社のみならずその他の金融機関間などで共有されている為、以前返済が遅れたことがある、債務整理などをしたことがある、クレジットカードを強制的に解約させられてしまった、などのいわゆる「事故」がある人はその事故情報もきっちり記録されているため、新しくローンを組もうとした時やクレジットカードを作ろうとした時に審査に通らない可能性が高いのです。

いわゆる「ブラック」だとか「ブラックリスト」などといわれる状態ですね。

ここ数年大変基準が厳しくなり、クレジットカード引き落としの日に残高が数百円足りず1度引き落としができなかったといったような場合でも信用情報には「支払い遅延」などと記載され、たった1度、たった数日遅れただけでも今後住宅ローンなどを組む際などにそれが影響したりという場合もあります。

最近ではクレジットカードの支払いの遅延のみならず、携帯電話代の未納、奨学金の返済状況なども記録されるそうで、先ほども述べたように少し遅れてしまっただけ、1度残高不足で引き落としができなかっただけでも信用情報には事故として記録されてしまうので気をつけましょう。

ちなみに一度このように事故情報が記録されてしまったり信用ブラックになってしまった場合、一生そのレコードは消えないのか?というと、その事故を解消(遅延していた支払いをすべて完済する、自己破産・債務整理などをする・・・など。)してから一定期間が経過すれば、その事故情報は消滅します。

事故内容によって記録が消去されるまでの期間にバラつきはありますが、一般的に事故解消から5年〜10年の間には事故情報は消滅するといわれています。
自分が今どのような状態になっているのか、気になる人は是非CICやJICCといった信用情報機構に問い合わせてみましょう。

若干料金がかかりますが、今カードローンを申し込んで自分は審査に通る可能性があるのか、それとも可能性がないのか、知っておくことは必要です。

カードローンなどは申し込めば申し込むほどその履歴も記録されていってしまうため、あまり頻繁に申し込みをし審査に通らず、また別の会社にローンの申し込みをして・・・ということを繰り返してしまうと、それまたその記録が消えるまで一定期間を要しますので今後に響いてきます。

審査に必要なものは?

さて、キャッシングの審査をするために必要なものですが、まず運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票などの本人確認書類の提出を求められます。

そして次に必要なものが収入証明書です。
源泉徴収票、給与明細(一般的に直近の2か月分と賞与1回分の明細が必要といわれるところが多いです。)、所得証明書、課税証明書などで収入を証明することが出来ます。

ただこちらは通常借入希望金額が50万円以下の場合は不要になる場合が多いそうで、消費者金融の場合は借入希望金額が50万以上になるとこのような収入証明書を用意する必要があります。
借入しようとしている会社によって規定が違うため詳しくはそちらで聞いてみましょう。

おおまかに「本人確認書類」と「収入証明書」があれば審査には入れます。
それプラス、会社に在籍確認の電話が入ることと、信用情報をチェックされていることを頭に入れておきましょう。

今までまじめにクレジットカードや携帯電話、奨学金などの支払いをしていれば、よっぽどのことが無い限り審査に通らないといったことはないかと思います。

もし以前事故を起こしてしまっていてもう自分はローンが組めないんだ、とガッカリしている人も、事故解消から一定期間の時間を置けばまたローンを組める可能性が出てくるので前向きにいきましょう。